専門学校で学べること

それまで通学してきた中学校や高校の普通科では、幅広く一般教養について学ぶことができます。そしてその後進学する大学や専門学校はそれまでと違い、細かくカリキュラムが分かれており、より専門的な知識について学習することができます。

大学や短期大学は主に知識など学問として学ぶ場とされています。進みたい進路に必要なカリキュラムだけではなく、その他にも直接進路に関わらないとしても気になるカリキュラムなどを履修して、高校までのように広い知識をより深く学習することが可能です。特に大学は自分の履修したいカリキュラムを自分自身で選択しオリジナルの時間割を作ることができるため、より学ぶ自由度が高くなります。

比較して専門学校では、進学した学校が得意とする専攻について徹底的に学習します。専門的な教育が授業の8割近くを占め、そのためより深い知識を短時間で身に着けることが出来ます。カリキュラムの内容もより実践に近く、技術面の向上も期待でき、就職してからの実際の業務のイメージも学生のうちからしっかりと理解することが可能です。

そして、大学は卒業と同時に学士という学位が与えられますが、専門学校卒業生は修業年数や授業時間によって専門士、高度専門士の称号が与えられます。

▼関連情報▼大原学園専門学校