水漏れ修繕大阪賃貸マンション

大阪の水漏れ修繕については、一戸建てと賃貸マンションでは取り扱いが違います。賃貸マンションは、専有部分と共用部分、入居者側が管理する部分と大家さんや管理者側が管理する部分に分かれています。例えば給湯器では、給湯器本体が専有部分で、配管の竪管は共用、個別配管は専有と別れています。共用部分に異常が生じ修理の必要があるときは、分譲・賃貸共に管理者側にまず連絡を入れなければなりません。

大阪の賃貸では給湯器等の設備は基本的に大家さんや管理者側が修理費用を負担しますが、水漏れ修繕で入居者側が連絡無しで勝手に修理や交換をしてしまうと、事後報告によって費用請求をしたりすることは不可能なので注意が必要です。何故なら、管理者側で既に修理業者と契約を結んでいて、修理の手配等が決まっていることが多く、勝手に修理してしまうと修理の契約対象外になるケースが出てくるからです。大阪の賃貸マンションで水漏れを意図的に壊す、又は不具合で修理が必要だったり、凍結対策を取らないと破裂するのを知っていながら故意に放置して管が破損したりしてしまうと、水漏れ修繕費用が入居者にかかります。また、賃貸契約の内容に自己負担となっていることもあり、専有部分の設備は入居者の過失に関係なく自己負担になっているマンションもあります。

分譲マンションでは購入した段階で専有部分の設備も買ったことになり、給湯器等の専有部分の修理費用は必然的に自己負担となりますが、専有部分、共用部分共に修理の際は管理者側に連絡を入れることが必要になります。専有部分であっても連絡が必要な理由は、給湯器等の修理交換の際に、共用部分に修理範囲が及ぶ可能性もあるからです。大阪の水漏れ修繕 のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です